【STORK】AdSenseの広告を記事単位で非表示にするならWidget Optionsがおすすめ

【STORK】AdSenseの広告を記事単位で非表示にするならWidget Optionsがおすすめ

WordPressのテーマSTORKでAdSenseの広告を非表示にしたいときは、プラグインが必要です。

Widget Logicというプラグインを使ったのですがうまく非表示にできず(テーマとの相性か、他のプラグインの干渉があったのか、原因は不明……)、Widget Options(Widget設定)を使ったら成功しました。

同じようにWidget Logicで非表示にできなかった方は、こちらのプラグインを試してみてください。

 

Widget Optionsをインストール → 有効化する

WordPressプラグイン Widget Optionsの有効化後の画面

まずはWordPressのダッシュボード画面から プラグイン新規追加 の画面へいきます。

Widget Options」で検索しプラグインをインストールして、有効化のボタンをクリックしてください。(日本語でウィジェット設定と表示されますが、日本語で検索してもなぜかヒットしません……)

 

外観 → ウィジェットのページを開く

WordPressプラグイン Widget Options ウィジェットページのデフォルト画面

プラグインを有効化すると、全てのウィジェットの下部にWidget Optionsの設定が加わっているのが確認できます。

 

Logicを記入して広告を表示したくない記事を指定する

WordPressプラグイン Widget Optionsでロジックを記入しAdSense広告をページ単位で非表示にする

画像は検索ウィジェットですが、実際には表示したくない広告のウィジェットを選択してください。

  1. 歯車ボタンをクリック
  2. Logicタブをクリック
  3. 以下のコードをコピペして変更を保存


 表示したくない記事が1つの場合 
!is_single( ‘○○’ )

 表示したくない記事が複数の場合 
!is_single( array( ○○, ○○, ○○ ) )

 

○○の部分には、記事のIDを記入してください。(投稿編集画面のURLの「post=○○」の部分の数字)

 

Widget Optionsで広告を非表示にするときのデメリット


指定したページの広告を非表示にしてくれて大変便利なプラグインなのですが、ちょっと欠点もあります。

それは、広告を非表示にしたい記事を新しく書いたら、Logicの設定欄に記事IDを全て追記しないといけないことです。

 

ですが、カテゴリーをまるまる非表示にしたい場合は、もう少し楽に非表示にできます。

最初の画面で「Taxonomies」のタブをクリックし、広告を表示したくないカテゴリーにチェックを入れるだけです。

記事が多い場合はこの方法で対応した方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA