アメリカ人の働き方がうらやましい… 7時出社・16時退社・残業なし

アメリカ人の働き方がうらやましい… 7時出社・16時退社・残業なし

こんにちは。アメリカ人の夫がおります、ゴン(@GonYottela)です。

夫やアメリカ人の知り合いから仕事について話を聞いていると

ゴン
アメリカってホワイト企業が多いのか……?

 

と感じたので記事にまとめてみました。

言わずもがな、アメリカの全ての会社に当てはまるわけではありません。

 

アメリカの会社は全体的にホワイトめ?

アメリカ人の夫によると、アメリカの会社は8時に仕事をスタートするところが多いようです。

8時間勤務なら、終業は17時ごろ。

職種や会社にもよりますが、残業なしはそこまで珍しくはないそうです。

 

そして遅刻に寛容な会社も多いとか多くないとか……?

むしろ、遅刻を注意したら開き直って逆切れされたりという話も……

 

残業ほぼなし・遅刻にもゆるいなんて、日本の企業よりホワイト感がありますよね。

 

とあるアメリカの会社勤めの人の一日

知り合いのアメリカ人の会社員の一日をまとめてみました。

5時 起床

7時 始業

11時 昼休憩(1時間)

16時 終業 → ジムへ

17時 夕食

21時 就寝

朝型! って感じの生活リズムですね。

7時始業は確かに早いのですが、16時以降は自由時間って、うらやましくないですか?

 

日本だと18時退社でも早い方ですよね。

でもそこからジム行ったり習い事したり…っていう気力、なかなか湧かなくないですか?

私の会社員時代は定時にあがってもぐったりしてて、フリータイムを楽しむどころじゃありませんでした。

 

夕方には仕事を終えてさっそうとジムで汗を流し…… っていう生活、あこがれますよね。

(それができる体力が残るかは勤務内容にもよりますが)

 

英語が話せるならアメリカにおいでよ

ということで、英語が話せてブラック企業で消耗している人は、アメリカに来た方が人生楽しめるかもしれません。

 

英語が話せないなら、日本で転職しましょう。

探せばアメリカのようなホワイトな職場があるはず…?




スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA