US配列キーボードでカナ/半角英字変換を簡単にするカスタマイズ方法

US配列キーボードでカナ/半角英字変換を簡単にするカスタマイズ方法

私がアメリカで使っているパソコンのキーボードはUS配列なのですが、カナ変換はF7キー、半角英字変換はF10キーを使っています。

ASUSPRO B9440UA のUS配列キーボード

Windows・US(英語)配列のキーボードの例

出典:ASUSPRO B9440UA のページより引用

ゴン
だけどファンクションキーってホームポジションから遠すぎて使いづらい…!
ゴン
スペースキー横のAltに変換を割り当てられたらどんなに便利か…!

 

と思ってあれこれいじくってたらできたので、カスタマイズ方法をシェアします。

日頃から文章をよく打つライターさんやブロガーさんには、US配列キーボードのカスタマイズは必須と言えます。

5分もせず設定できるので、これからはストレスフリーでタイピングしちゃいましょう!

 

フリーソフトのChange Keyをダウンロードする

キーボードの割り当てを変えるのは Change Key というフリーソフトでできます。

上記のページからソフトをインストールし、立ち上げます。

Win10・8・Vistaの場合、開くときはアイコンをダブルクリックするのではなく「右クリック管理者として実行」を選んで開いてください。

 

ファイルが開けなかった人へ
LZHファイルが開けなかった人は、フリーの解凍ソフト Lhaplus(ラプラス)を使って解凍しましょう。

一度インストールと設定が終われば、Change KeyのLZHファイルをダブルクリックすれば開くことができます。

左のAltをカタカナに一発変換できるキーに設定する

US配列キーボードのAltにF7(カナ変換)を割り当てる

まずは、左のAltをカナ変換できるキーにする設定をしましょう。

  1. Change Keyのアイコンを右クリック管理者として実行 で開く
  2. 青い背景のキーボードが表示されるので、Alt左をクリックする
  3. 緑の背景のキーボードが表示されるので、F7をクリックする


表示されるキーボードはJIS配列になっていますが、そのままAltを選択すればOKです。

もし右のAltにカタカナ変換を割り当てたいときは、②でそちらをクリックしてください。

右のAltを半角英字に一発変換できるキーに設定する

US配列キーボードのAltにF10(半角英字変換)を割り当てる

次に、右のAltを半角アルファベットに変換できるキーにします。

  1. Alt右をクリックする
  2. F10をクリックする

どこかのキーをAltに設定する

US配列キーボードのCtrlにAltを割り当てる

このままだとAltキーがなくなるので、「どこかをAltにしてください」と注意されます。

なので適当なキーをAltに当てはめてあげます。

私はあまり使っていない右CtrlキーAltにしました。

  1. Ctrl右(または好きなキー)をクリック
  2. Altをクリック
  3. メニューの「登録」→「現在の設定内容で登録します」をクリック
  4. 変更した内容を有効にするには再起動する必要があります。再起動しますか?」→「はい」をクリック

「はい」を押すとすぐ強制的に再起動されるので、保存していないファイルがある場合は注意しましょう。

 

再起動したあとは、

  • 右Ctrl + `(JIS配列でいうと半角/全角キーの場所) → かな入力 / ローマ字入力の切り替え
  • 文字入力中に左Alt → カタカナに変換
  • 文字入力中に右Alt → 半角英字に変換


という感じにカスタマイズが完了しています。

F7とF10はそのままカナ変換 / 半角英字変換として使える

AltキーとF7・F10を入れ替えたものの、それぞれそのままカナ変換 / 半角英字変換として使えました。

参考までに。

 

 

ダウンロードしたソフトまとめ
キーボードの割り当てを変更できる無料ソフト:Change Key

LZHファイルを解凍できる無料ソフト:Lhaplus(ラプラス)

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA