アメリカ人は I’m home!/Welcome back!(ただいま・おかえり)って言ってない

アメリカ人は I'm home!/Welcome back!(ただいま・おかえり)って言ってない

今アメリカ人と暮らしてますが、教科書で習ったような

I’m home!(ただいま)」

とか

Welcome back!(おかえり)」

って言っているのを聞いたことがありません。

 

じゃあ何て言うんだ?? と思いますよね。

この記事ではリアルなアメリカ人の「おかえり・ただいま」をご紹介したいと思います。

我が家の場合です。

 

アメリカのリアルな「ただいま」

Hey

ヘイって言ってます。

 

アメリカのリアルな「おかえり」

Hey

こちらもヘイって言ってます。

 

アメリカでは「ただいま・おかえり」は「Hey」って言うだけでOK

そう、「Hey」でいいんです。

 

だいたいうちの家族は、Heyに名前などを加えて軽く挨拶しています。

夫「Hey, dad

義父「Hey, kid

など。

夫はkidやsonとよく呼ばれています。

名前を呼ぶときは、特に注意を引きたいときというシチュエーションが多い気がします。

 

I’m home!」や「Welcome back!」は大げさな感じがありますね。

「この私が帰ってきたんだぞ!」と強くアピールしたいときに言えばいいんじゃないでしょうか。

 

 

アメリカでは「おはよう」も「Hey」だけでOK

日本だと「おはよう~」と挨拶するタイミングでも

夫「Hey, dad

義父「Hey, kid

と挨拶を交わしています。

 

ゴン
朝はGood morningだろ!!

 

と思っていたのでカルチャーショックが強かったです。

 

アメリカでは「いってらっしゃい・いってきます」は「See you」でOK

「いってらっしゃい・いってきます」の場面では、

 

夫「See you, dad

義父「See you, kid

 

See you」を使っています。

 

 

英語の挨拶って、あまり深く考えなくていいんですね。

 

「How are you doing?」の返事がわからない人はこちらの記事もどうぞ▼

英語のあいさつと返事

【How’s it going】返し方がわからない英語の挨拶+返事6選【What’s up】

2018年4月26日

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA