【ユノワッ?】読むだけでネイティブ風に!カタカナ英会話表現8つ【ガチャ!】

カタカナでネイティブ英会話

こんにちは、ゴンです。

ズバリ、あなたは
「かっこよく英語を発音してみたいなぁ」
と思っていますね?

あなたの夢が今、叶います。
英語を勉強しなくてもネイティブっぽい発音ができるよう、頻出英会話フレーズをカタカナで書き出してみました。
口に出しながら読み進めてください。自分の口から出る「ネイティブっぽい発音」に震えるはずです。

 

読むだけ簡単ネイティブフレーズ8つ

●カタカナ発音のルール●
太字は強く+ちょっと高めに、小さい文字は弱く読んでください。

(1) ユノワッ?↑
You know what? :「ねえねえ」「あのさ」「ねえ知ってる?」
上がり調子で読みます。会話の切り出しに使ってください。

(2) ワチャリッ…
Whatchamacallit = What you may call it :「なんだっけほらあれ…」
単語が出てこない時に使える一言です。

(3) チャ!
Gotcha! :「了解!」
簡単ですね。OKの代わりに使うとネイティブっぽいです。

(4) ァナッガナ~イ、
I’m not gonna lie, :「正直、」「マジで、」
驚いた話などをする前に言うと臨場感が出ます。

(5) アィテリンニュゥ!
I’m telling you! :「ほんとに!」「マジで!」
文頭や文末につけて、話を強調するときに使います。

(6) ドンゲッミーゥローン、
Don’t get me wrong, :「誤解しないでほしいんだけど、」
誤解されそうな発言をしてしまった後、弁解するときに使います。

(7) ワツァ?↑(最後口を閉じる)
What’s up? :「なんて?」「今何て言った?」
上がり調子で読んでください。
挨拶として有名なフレーズですが、相手の言ったことが聞き取れなかったときにも使えます。

(8) ワナハババイ?↑
Wanna have a bite? :「一口いる?」
上がり調子で読んでください。
食べ物をシェアするときに言うフレーズです。
飲み物のときは「ワナハバスィッ?(口を閉じる)= Wanna have a sip? 」でOKです。

 

まとめ

今回ご紹介したのは割とカジュアルな英語表現です。
ネイティブの友人がいる人は、ぜひ試してみてください。
そこだけやけに流暢で驚かれるでしょう。

 

さらに英会話力を鍛えたい方はこちらの記事もどうぞ。

関連記事:英会話で最も重要なのは「テンポ」! テンポよく会話するコツ3点

関連記事:【How’s it going】返し方がわからない英語の挨拶+返事6選【What’s up】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA