服を選ぶ時は色の「彩度」を揃えるだけでセンスがよく見える

服を選ぶ時は色の「彩度」を揃えるだけでセンスがよく見える
服を買ったけど手持ちのジーンズとなんか合わない…
すてきなコーディネートを真似するけどなんか違う…

 

ってことありませんか??

それ、「トップスとボトムスで色の彩度が違いすぎる」せいかもしれません。

彩度の揃え方を説明するので、服を買う時の参考にしてみてください!

 

ビギナーは「鮮やかな色同士」「くすんだ色同士」を合わせる

実は「鮮やかな色(ビビッドトーン)」と「くすんだ色(グレイッシュトーン)」は合わせるのが難しいのです。

  • 蛍光色のTシャツ と くすんだ色のジーンズ
  • 蛍光色のTシャツ と 明るい色のジーンズ


この二つだと、後者の「明るい色のジーンズ」の方が蛍光色のTシャツと相性がいいです。

 

ジーンズにあわせてTシャツを買うなら、自分の持っているジーンズが鮮やかなブルーなのか、またはくすんだブルーなのかでTシャツの色を選びましょう。

 

くすんだ色 = 暗い色というわけではありません。
明るいくすんだ色もあります。

 

コントラストの差がはっきりするコーディネートにしよう

服の彩度を揃えるのと同時に、コントラストにも注目してください。

 

たとえば、青いジーンズと白のTシャツ、グレーのパーカーを合わせたとき。

パーカーのグレーとジーンズの青が同じくらいの濃さだと、ぼんやりした印象を受けます。

パーカーのグレーが白に近いような薄い色だと、ぱっとしません。

 

服と服の境目がはっきりわかる程度」を目安に、コントラストの差をつけると印象がすごくよくなります。

ぼやっとしたコーディネートになりがちな人は、「色に差をつけること」に気をつけて服を選んでみてください。

 

余裕があれば生地にも注目しよう

色に気をつけるついでに、服の生地にも注意を払いましょう。

 

世の中には「安っぽく見える生地」と「高く見える生地」の服があります。

実際の値段は関係ありません。

安っぽく見える生地の服」は避けるようにしましょう。

 

安っぽく見える服の特徴 単色のニット

毛糸の色をよく見てください。

アクリル毛糸のような単色は安くみえがちです。

ウールの毛糸や、自然な色が何色も混じっているようなニットだと高く見えます。

 

安っぽく見える服の特徴 しわができやすい素材

しわができやすい生地にも気をつけてください。

シワシワしてるだけで安っぽく・みすぼらしく見えます。

アイロンがけが面倒な人はここに特にこだわりましょう。

 

安っぽく見える服の特徴 薄い生地

薄くて高い生地もありますが、一般的に薄いペラペラの服は安く見られがちです。

着こなす自信がないうちは普通~厚めの生地を選ぶとしっかりとした服に見えます。

 

眉毛に合わせてフレームを選んだら似合うメガネが見つかった!

眉毛に合わせてフレームを選んだら似合うメガネが見つかった!

2018年11月7日
オタク女子があか抜けた簡単な方法①【眉毛を薄くする】

オタク女子があか抜けた簡単な方法①【眉毛を薄くする】

2018年11月1日

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA