アメリカのトイレ事情についてできるだけ詳しく書いてみた

アメリカのトイレ事情についてできるだけ詳しく書いてみた

アメリカはカリフォルニアからこんにちは、ゴン(@GonYottela)です。

アメリカに来てトイレにカルチャーショックを受けたので、思いつく限り日本との違いをまとめてみました。

 

すべて

※ 地域にもよります
※ ご家庭・お店にもよります
※ ゴンの偏見も含まれます

という注釈を脳内でつけてお読みください。

 

アメリカのトイレは基本的にはお風呂と一緒

これはよく知られていますよね。

お風呂・洗面台・トイレが一室になっているつくりが一般的です。

なので誰かがお風呂に入っている時にトイレに行きたくなると不便です。

大きい家だと3つくらいバスルームがあるので、その点は安心ですね。

 

アメリカでは使いづらい位置にトイレットペーパーが設置してある

だいたい遠かったり高かったりします。

 

アメリカのトイレットペーパーの向きは日本と逆の場合が多い

アメリカのトイレットペーパーは壁側にペーパーが垂らしてあることが多いです。

別にいいんですけど、なんかもぞもぞします。

 

アメリカのトイレットペーパーは大きい

トイレットペーパーももちろんアメリカンサイズ。

長持ちするので便利です。

 

ちなみに、空港やお店のトイレだとカセットテープ(?)みたいなタイプのものも多いです。

アメリカのトイレにあるカセットテープっぽいトイレットペーパー アメリカのトイレにあるカセットテープっぽいトイレットペーパーを下から見た図

片方のペーパーがなくなっていたら、おそらくレバーをつまんでスライドすればよいはず。

このタイプのペーパーはロールが大きくて重い上に紙が薄いので、ぶちぶち切れてめちゃめちゃイライラします。

 

アメリカ人は手を濡らす前にハンドソープを使う

空港や映画館のトイレで周りを観察してみると、アメリカだと手を洗う前にハンドソープをつける人が多いです。

後でも先でもまあ同じだよねとも思いますが、

「先なんだぁ………」

って毎度なります。

 

アメリカのお店のトイレは便座の形が不思議なほどだいたいどこも一緒

たぶんよく見ると微妙に違うのでしょうが、だいたいU字のシンプルな便座です。

アメリカではやはり便座も大きいので、お尻が小さい方は気を付けて。

 

ちなみにウォシュレットはまったく普及していません。

いまだにこっちで一度も見たことがないです。

 

 

アメリカの外のトイレはだいたい汚い

日本の清潔さに対する意識の高さを思い知りました。

「店のトイレだから清掃が行き届いているだろう」

みたいな期待は捨てないといちいちギャップに苦しむことになるので早めに頭をアメリカモードに切り替えましょう。

 

アメリカのトイレは個室のドアの上下に隙間がかなりある

これも有名ですね。

防犯のためにドアの上下がかなり開いています。

お隣さんの足も余裕で見えます。

時々、ドアの横の隙間も広かったりして、外の人と目を合わせることもできます。

 

 

アメリカのトイレには音姫的なものはない

日本人が神経質すぎるのか…? と思わされました。

アメリカで暮らしているとこういうのが重なって、「もっと気楽にいこうぜ!」マインドが育ちます。

 

アメリカのトイレにはバッグをかけるフックがないことも多い

空港など、個室がいくつもあるようなトイレならだいたいフックはあります。

お店など、トイレが1室のみのところだとフックがない傾向が多い気がします。

 

化粧直しをしようとポーチだけ持っていくのもおすすめしません。

「ここならポーチを置いてもいいな」と思えるほどキレイに見える場所がないからです。

 

アメリカのトイレはハンドドライヤーよりペーパータオルが主流

アメリカのトイレのペーパータオルの取り出し方

日本ではハンドドライヤーが置かれているトイレが多いですが、アメリカだとほぼ見ません。

だいたいペーパータオルが設置されています。

資源がたくさんある国なんだなぁ…と感じますね。

 

アメリカは公衆トイレが少ない

以前ロサンゼルスのリトルトーキョーに行った時、しばらくトイレを探してさまよったことがあります。

都会なのに! こんなにお店があるのに! と衝撃でした。

公園のトイレやコンビニのトイレなど、さっと入れるトイレがないんです。

ショッピングモール的なところにはあるだろうと思ってもないこともあるので気を付けてください。

 

 

まとめ:日本のトイレじゃなきゃムリ! という人はアメリカに来たら死ぬ

神経質な自覚がある方は、アメリカのトイレは鬼門かもしれません。

アメリカでは、ちょっとやそっとじゃ動じない人が生き残るのです。

強い心を手に入れたらぜひ遊びに来てください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA