仕事が辛い人はアメリカ人の働き方を見たら悩みがどうでもよくなるよ

仕事が辛い人はアメリカ人の働き方を見たら悩みがどうでもよくなるよ

アメリカからこんにちは、ゴン(@GonYottela)です。

 

こちらのスーパーやコンビニなどの店員さんの態度は、日本と比べるととてもゆるいです。

以前私は仕事に対して割とストレスを感じていたのですが、アメリカ人の働き方を見たら

ゴン
仕事ツラァ と思ってたけど、自分で勝手に苦しんでたんだなあ…
ゴン
もっと気楽にはたらこ

 

と考え方が変わり、前より気楽な気持ちで仕事ができるようになりました。

働き方に悩んでる人は、アメリカ行ったら悩みがどうでもよくなりますよ。

 

アメリカに行けない人は、アメリカと日本の働き方の違いについて私の思ったことをまとめたこの記事を読んで、仕事に対する姿勢について考え直してみてください。

もちろんアメリカ人にも仕事ツラァの社畜の方はいらっしゃるかと思いますが、今回は私の見たスーパーやコンビニの店員さんにフォーカスして話したいと思います。

 

アメリカの客と店員は立場が対等(に見える)

アメリカでは「客」と「店員」ではなく、

サービスを受ける人」と「サービスを与える人」だという印象を受けました。

 

日本では「お客様は神様だ」精神で偉そうに振る舞う客も、そう接してしまう店員も多いですよね。

客が店員に対して「ありがとう」と礼を言わないことも珍しくありません。

 

アメリカでは、たいてい客が「ありがとう」を言い、店員が「どういたしまして」と返します。

自分が受けたサービスに対してお礼を言うのって、考えてみたら当たり前ですよね。

店員側が過剰にへりくだることもなく、素晴らしい関係だなと思いました。

 

アメリカでは接客中に世間話をするのも普通

日本だとマニュアルに沿って接客をするのが普通ですよね。

「いらっしゃいませ」「温めますか?」「少々お待ちください」「ありがとうございました」

こんな感じで、決まったセリフを言いまわして対応します。

 

アメリカだと、マニュアル以外のトークがとても多いです。

日本でも常連客にはくだけた世間話をすることがあると思いますが、それを初対面の客にもナチュラルにするのがアメリカです。

接客の定型文の合間に

これこないだ私も買ったのよね~」「おいしかったわよ!

などを挟んできます。

しかも「友達か?」っていうくらいのフランクな話し方で。

 

なんか、すごく気楽でいいと思いませんか?

 

私は以前、マニュアル通りにキチッとピシッと接客をするのが良い店員なのだと思っていました。

なので、キチッとするのが苦手な私はいつもとても緊張していて、勝手に消耗して疲れていました。

 

だけど、アメリカでそんな風に緊張している店員さんは見たことがありません。

日本人と比べて、のびのびとリラックスして働いているように見えます。

店員としてではなく、その人のありのままで働いているように見えるんです。

作られた笑顔ではなくて、客との会話で自然に笑顔が生まれています。

 

日本人もこういう風に働けたら、すごく楽だろうなと思いました。

 

 

日本人は仕事を真面目にとらえすぎている

アメリカに来て、人々の働き方を比較して、ようやく日本人の生真面目さに気がつきました。

日本人はストイックって言われるのも本当によくわかった。

仕事に真面目で、自分を客より下に置いて、あれこれ犠牲にして頑張っている。

 

そんなことしてたらそりゃ辛いよなと。

アメリカ人を見て、ほんとはもっと楽に仕事していいんだよなあと。

ひしひしと感じました。

 

なんか、アメリカ人の方が人間らしく働けている気がします。

すぐ真似できるようなものではないけど、私たちはアメリカ人の働き方を見習った方がいいなと思いました。

 

アメリカの店員が図太いのは環境=客のおかげ

「お客様を待たせているのだから急がなくては!」

と小走りで駆け寄るような店員はアメリカにはいません。

客がずらーっと並んだレジに入る時も、マイペースを崩しません。

 

一番うらやましいのは、それが許される環境ですよね。

 

「早くしろよ!」「こっちは急いでるんだよ!」

みたいなヤジが飛ぶのは聞いたことがありません。(もちろん文句を言う人はたまにいるでしょうが)

 

結局、店員が苦しむ環境を作っているのはです。

私たちが客として「まあこんなもんでいいか」とハードルを下げてやらないと、労働環境は厳しくなる一方ですよね。

もっと早く!」「もっと安く!」「もっと便利に!

と追い求めすぎると、労働者の首がしまっていきます。

 

客の方から「そんなに働かなくていいよ」と余裕を作ってあげて、アメリカ人のように気楽に働ける環境にしたいものです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA