アメリカのお菓子やスナックはフレーバーの種類が多すぎでわくわくする

アメリカのお菓子やスナックはフレーバーの種類が多すぎでわくわくする

こんにちは、ポテトチップスがめちゃくちゃ好きなゴン(@GonYottela)です。

ポテチに限らず、ガリガリゴリゴリした歯触りの食べ物が好きです。ゴン(@GonYottela)です。

 

さて、私は今アメリカはカリフォルニアにいるのですが、スーパーに行くとすごいです。

お菓子の種類が死ぬほどあります。

ものすごいわくわくするので記事にしてみます。

 

アメリカはお菓子自体の種類が多い

ポテトチップスだけでも、ものすごい種類があります。

スーパーの長~~~い陳列棚の上から下までポテチ! 楽園のよう。

 

アメリカはプリングルズの味の種類が多い

アメリカのプリングルズのフレーバーの一部

出典:Pringles Products より引用

プリングルズの味の種類が死ぬほどあります。

日本のスーパーだと3種類置いてあればいい方のプリングルズがこんなに!

全種類皿に盛って利きプリングルズをしたいですね。

 

ちなみに全ラインナップはこの画像の2倍以上。つよい

 

アメリカのオレオは笑えるほど種類が多い

アメリカのオレオは種類が多い

出典:OREO THINS より引用

実際笑いました。

普段我々が日本で食べているノーマルなオレオに加え、クリームの味にこれでもかというほどバリエーションがあります。

  • チョコレート
  • ピーナッツバター
  • ミント
  • レモン
  • ココナッツ
  • アップルパイ
  • シナモン ……など


さらに

  • 小さいオレオ
  • 薄いオレオ
  • なんかコーティングされたオレオ
  • アイスのオレオ
  • シリアルのオレオ


まであり、アメリカ人のオレオ愛が痛いほど伝わります。

 

チーズのスナック「Cheez-It(チージット)」さえ死ぬほど種類がある

出典:Cheez-It Products より引用

アメリカには「Cheez-It(チージット)」というスナックがあります。

その名の通りチーズ味のスナック菓子ですが、味のバリエーションを好き放題展開しています。

例のごとく、画像のフレーバーはほんの一例です。

 

アメリカのアイスは遊園地みたいにわくわくするものばかり

アメリカのアイスクリームメーカー・Blue Bunny Ice Creamは味の種類が豊富

出典:Blue Bunny Ice Cream Flavors より引用

そうです。これもラインナップのほんの一部です。

日本では見たこともないようなフレーバーばっかりで、アイスマニアにはたまらないはずです。

 

アメリカのアイスって、なんか色々入ってるんですよね。

「バニラ味」とか「チョコレート味」とかじゃなくて、

バナナストロベリーチョコレートピーカンナッツ」みたいな。

トッピング全部盛りみたいな。

とにかく具だくさんで贅沢です。

あとピーカンナッツの登場率がやたら高いです。

 

お菓子のフレーバーへの情熱が異常な国、アメリカにおいでよ

とにかくおいでよ。

めちゃめちゃ楽しいよ。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA