『まんがでわかる 7つの習慣』実践して人生を変える

『まんがでわかる 7つの習慣』書評

こんにちは、ゴン(@GonYottela)です。

ベストセラー『7つの習慣』の漫画版を読みました。

 

 

こういう自己啓発本のコミカライズ版ははじめて読んだのですが、普段本を読まない人の自己啓発入門編としてぴったりだなと思いました。

削られたところも多いと思うので、もっと知りたいと思った人は原作を読んだらのめりこみそうですね。

 

 

今回は、漫画版を読んで

「めちゃめちゃ納得した!」
「これはすぐ実践したい!」

と思った箇所をピックアップしてみたいと思います。

 

自分の反応を「自覚」して冷静な選択を

 

「環境や刺激に反応してしまうことはあるが、刺激に反応したことを自覚すれば、刺激に対する行動は自分で選択できる」

 

ということが書いてあり、アンガーマネジメントにも使えそうだなと思いました。

ストレスの多い会社にいたり、彼氏・彼女の態度にイライラすることがあっても、

「あ、自分今刺激に反応してしまっているな」

と自覚ができれば、自分のその後の行動を選択することができます。

周りに流されず、自分の意思で行動できるようになれば、格段に生きやすくなりそうです。

カーッとなりやすい人は、まずは自分の反応を分析してみるとよいかもしれません。

 

 

自分が変えられないことには悩まない

 

「自分の影響力が及ばないことに悩むのは無意味」

とあって、全くその通りだなと思いました。

「自分が変えられること」と「自分が変えられないこと」を見極める必要があります。

会社からもらえる給料はなかなか変えられませんが、職場を変えることはできます。

変えられないことに悩む時間は無駄なので、まずは自分の行動で変えられるものを変えていこうと思いました。

 

 

自分にとって本当に重要なことを大事にする

 

人間活動には4つの領域があり、この優先順位を間違えると、好きなことを満足にできず一生が終わる可能性があります。

 

  1. 緊急で重要なこと(締め切りのある仕事、病気など)
  2. 緊急でないが重要なこと (人間関係作り、健康維持、自己啓発など)
  3. 緊急だが重要ではないこと(日々の電話・会議・メール返信など)
  4. 緊急でも重要でもないこと (待ち時間、テレビやネットを見続けるなど)

 

この中で、②の時間を増やすことが大切だとありました。

ただ、すべてのスケジュールを消化することは無理なので、「やらないこと」と「優先事項」を決める必要があるのです。

私は以前④のスマホゲームにすごく時間をとられていました…

が、本を読むのにはまってからはゲームをする時間もなくなり、自然と無駄な時間はなくなりました。

時間は全員に平等です、有効に使って有意義に過ごしましょう!

 

優先事項の決め方は、同じくベストセラーの『エッセンシャル思考』に詳しく書かれています。

こちらも個人的には必読の書です! サラリーマンとか主婦とか学生とか関係なしに読んでほしい。

 

 

まとめ

 

『まんがでわかる 7つの習慣』実践して人生を変える

という割と大層な記事タイトルをつけましたが、実際は大層でもなんでもなく、事実なんですよね。

人生は選択の連続と言うとおり、自分が選んだ選択によって、自分の人生ができあがっていきます。

日本で暮らしてもいいし、海外で暮らしてもいい。
サラリーマンになってもいいし、フリーターでもいいし、起業したっていい。

自分が決めたことで、確実に自分の人生は変わっていきます。

まずはそのことを知って、この本に書かれていたような大事なことを実践していけば、自分の理想とする人生には近付くはずです。

 

人生は短い!

人生は一度きり!

 

悩みや無駄なことはなるべく減らして、自分の人生を生きましょう。

 

 

『バターはどこへ溶けた?』書評

『バターはどこへ溶けた?』幸せを追い求めるのに疲れた人へ

2018年8月30日

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA